どんなものを回収してる?不用品回収業者の回収品目まとめ

オフィス

「どうやって処分したら良いのかわからない…」と悩んでいませんか?
使わなくなったものや壊れてしまったものは、ごみとして捨てることが多いです。

しかし、自分では捨てることが難しいものもあります。

  • 大きいもの
  • 重いもの
  • 溜まってしまい数が多い

など、運び出すだけで大変です。

そんな時は、『不用品回収業者』に回収を依頼しましょう。回収するための費用はかかりますが、部屋から荷物を運び出してくれるため、自分で作業する必要はありません。

ワッジュ
基本的に何でも回収してくれますが、一部例外もあります。

「思っていたより片付かなかった…」という失敗を防ぐために、対象かどうかを確認しておきましょう。

この記事では、不用品回収業者が回収できる品目やできないものについて解説しています。

もくじ

不用品回収業者の回収している品目

不用品回収業者は、基本的に何でも回収してくれます。不用品の状態は特に関係ありせんので、たとえ故障していても大丈夫です。

では、実際にどのようなものを回収しているか、カテゴリーごとに見ていきましょう。

家具

机
新たに家を建てたり、仕事の都合で引っ越したりと、住む場所が変わると家具を処分しなくてはいけないことがあります。家具は大きいものが多く、とても重いため自分で運び出すのは大変です。

不用品として回収されている家具には、下記のようなものがあります。

  • ベッド
  • 運べる大きさに解体して、マットレスや布団なども一緒に回収できます。

  • テーブル
  • どんなサイズでも、壊れている場合でも回収できます。
    状態が良ければ、買い取ってもらえることもあります。

  • ソファ
  • スプリングが壊れていたり、表面が破れていても回収できます。

  • 食器棚、ドレッサー
  • 扉のガラスや鏡が割れないように運び出します。

  • タンス、本棚
  • 中身が入っていても、そのまま回収できます。

  • テレビ台
  • 大きなサイズでも回収できます。

  • 学習机
  • 椅子やデスクスタンドなど、周りのものも一緒に回収できます。

  • ドア、網戸、畳
  • 自分で取り外せなくても大丈夫です。

  • 造り付けの家具
  • 取り外して回収します。

家電

キッチン家電
家庭で使う電化製品には、リサイクルをしなければいけない種類があります。
不用品回収業者は、リサイクル料込みの価格で回収してくれます。

不用品として回収されている家電には、下記のようなものがあります。

  • エアコン
  • 本体と室外機の取り外しから回収まで可能です。

  • 冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、乾燥機
  • 水浸しにならないように気を付けながら運び出します。状態が良ければ、買い取ってもらえることもあります。

  • テレビ
  • 映らなくても回収できます。

  • ガスコンロ、IHクッキングヒーター、電子レンジ
  • 取り外して回収します。

  • 食洗機
  • ビルトインタイプでも取り外します。
    状態が良ければ、買い取ってもらえることもあります。

  • 空気清浄機、ミシン、浄水器
  • 付属品も合わせて回収できます。

  • ストーブ、ファンヒーター
  • 回収できますが、残っている灯油は使い切るか、ガソリンスタンドへ持っていく必要があります。

  • ウォッシュレット
  • 取り外して回収してくれます。

  • 電気温水器、給湯器
  • 取り外しの費用に差があるため、複数の業者に問い合わせて比較してみましょう。

  • マッサージチェア、ルームランナーなどの健康器具
  • 重いものでも回収できます。

  • 家庭用ゲーム機
  • バッテリーが入っていれば外し、個人情報は消しておきましょう。

  • LED、蛍光灯
  • 分別したり、指定日を待つ必要がありません。

オフィス家具

オフィス
不用品回収業者では、オフィスで使うものも回収できます。
まとめて回収を依頼できるので、とても助かります。

不用品として回収されているオフィス家具には、下記のようなものがあります。

  • デスク、ワークチェア
  • 小物なども一緒に運び出すので、分別する必要がありません。

  • ロッカー、物置
  • 運べる大きさまで解体して回収します。

  • 金庫
  • 自分で処分するのは難しい金庫でも、回収は可能です。

  • ホワイトボード、黒板
  • 取り外して運び出します。

バイク・自転車

バイク
移動する方法が変わると使わなくなるのが、バイクや自転車です。
特に、学生の時はよく使いますが、その後は乗らなくなることも多いです。
バイクや自転車も不用品として回収されています。

  • 原付(125cc以下のバイク)
  • 市町村の役所で廃車手続きが済んでいれば、回収できます。

  • 126cc以上のバイク
  • 陸運局(運輸局)で廃車手続きが済んでいれば、回収できます。

  • 自転車
  • 警察署で防犯登録の抹消手続きをしておくと安心です。一輪車、三輪車なども回収できます。

  • 電動自転車
  • 警察署で防犯登録の抹消手続きをしておくと安心です。バッテリーごと回収できます。

楽器

トランペット
不用品回収業者は、楽器も回収します。
まだ使えるものや状態が良い場合は、買い取ってもらえることもあります。
特に『ピアノ』が多く、椅子も一緒に回収できます。

回収できない品目はある?

不用品回収業者は、基本的に何でも回収してくれます。
しかし、中には『回収できないもの』もあります。

  • 生ゴミ
  • 液体類
  • 食品類
  • ブロック
  • 生木
  • 汚物

などは回収できませんので、覚えておきましょう。

仮に、部屋の中がとても散らかっている状態であっても、見積もりを出してもらうことができます。

ワッジュ
疑問に思うことがあるなら、一度問い合わせてみると良いでしょう。

気になる粗大ゴミと不用品回収の料金比較はこちらです!

シェアしてね!
もくじ
閉じる