正しいパソコンの処分方法まとめ│個人情報に注意!

パソコン

パソコンは『粗大ごみ』として処分できないことをご存知ですか?
なぜなら、パソコンリサイクル法(資源有効利用促進法)によって、処分する方法が決まっているからです。

この法律は、パソコンに使われている金属や部品を取り出し、再利用することが目的です。

パソコンを処分する方法はたくさんあるので、それぞれの特徴を知っておきましょう。
この記事では、パソコンの処分方法について解説しています。

もくじ

パソコンを処分する前に

パソコン
パソコンを処分する前に下記の作業をしましょう。

  • データを新しいパソコンに移行する
  • 必要なデータをバックアップする
  • 残っている不要なデータは消去する

簡単に解説していきます。

 

【データの移行】

  • Windows転送ツールを使う
  • データ移行できるソフトを使う
  • データ移行サービスを使う

自分でできない場合は、業者に依頼することもできます。

 

【バックアップ】

  • 外付けHDD
  • USBメモリ

パソコンの中にあるデータ容量に合わせて、外付けHDDなどを用意してデータを保存しておきます。

ワッジュ
また、パソコンを処分する前に、自分でデータを消去しなければいけない場合もあります。

ちなみに、『ごみ箱を空にする』や『初期化』をしても、復元ソフトでデータを取り出すことができるので注意しましょう。

 

【不要なデータの消去方法】

  • 専用のソフトを使う
  • データ消去サービスを使う

自分で行うのが不安な場合は、データの消去もセットになっている処分方法を選ぶと良いでしょう。

パソコンの処分方法

まずは、リサイクルの対象になるものを確認しておきましょう。

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • ディスプレイ一体型パソコン

上記以外の付属品は、パソコンリサイクル法の対象外になります。
※小型家電リサイクル法の対象です。

それでは、パソコンの処分方法について見ていきましょう。

パソコンメーカーに回収を依頼する

メーカー
パソコンメーカーに回収を依頼する場合は、自社製品のみの対応になります。
メーカーのWEBサイトから、パソコン回収の申込みができます。

パソコンメーカーに回収を依頼する場合の特徴として以下が挙げられます。

  • 『PCリサイクルマーク』がある場合は、無料で回収する
  • マークが無い(無くした)場合は、回収費用を負担する必要がある
  • パソコン本体やディスプレイなど、1品ずつ申請する必要がある
  • データは自分で消去する

メーカーによって詳細は異なりますので、WEBサイトで確認しておきましょう。

購入した家電量販店やパソコンショップに回収を依頼する

お店
家電量販店やパソコンショップは、各店舗で対応が大きく異なります。

その中でも、処分費用がかからない場合のみまとめてみました。

【インバースネット(ヤマダ電機)】

  • 廃棄+送料が無料の回収サービス
  • データは消去してくれる
  • パソコン本体のみが対象

 

【エディオン】

  • 店頭引き取りの場合は無料
  • データは消去してくれる
  • パソコン本体のみが対象

 

【ケーズデンキ】

  • 店頭引き取りの場合は無料
  • データは自分で消去する
  • パソコン本体のみが対象

 

【ドスパラ】

  • 大手パソコンショップの買取サービス
  • 動くパソコンは買取査定をしてくれる(廃棄もしてくれる)
  • 送料無料
  • データは消去してくれる
  • 本体以外のパーツも対応している
ワッジュ
パソコンを処分するための費用がかかる店舗も多いので、しっかり確認しておきましょう。

自治体の回収BOXなどで回収してもらう

回収ボックス
自治体に回収してもらう場合は、各自治体によって方法が違います。ですから、必ずお住まいの自治体のHPなどで、パソコンの処分方法を確認しておきましょう。

自治体の回収BOXなどで回収してもら場合の特徴として以下が挙げられます。

  • 処分費用はかからない
  • データは自分で消去する
  • 本体やパーツなどが対象か確認する必要がある
  • 回収場所まで自分で運ぶ

パソコンは『粗大ごみ』として捨てることはできないので、自分に合った方法を選んで処分しましょう。

パソコンの故障を防ぐ、パソコンの掃除方法はこちらで詳しく紹介しています!

シェアしてね!
もくじ
閉じる