エアコンは簡単に処分できない?エアコンの処分方法まとめ

エアコン取り外し

最近は、冷房と暖房のどちらもエアコンを使う家庭が増えています。
なぜなら、エアコンは省エネだからです。

エアコンは空気を圧縮して熱を作る仕組み(ヒートポンプ)を使っているので、電気代を抑えることができます。

さらに、エネルギー効率や機能が毎年のように改善されるので、買い替えを考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、エアコンは簡単に捨てられないことをご存知ですか?

ワッジュ
もちろん、エアコンが壊れてしまい、外して処分する場合も同じです。

そこで、エアコンの処分方法について、簡単にまとめてみました。
それぞれ特徴がありますので、ぜひ参考にしてください。

エアコンは粗大ごみとして処分できない

エアコン
エアコンは『粗大ごみ』として捨てることはできません。

なぜなら、『家電リサイクル法』の対象だからです。

家電リサイクル法とは、エアコンなどに使われている金属などを取り出し、資源として再利用することが目的の法律です。

そのため、エアコンは決められた方法で処分しなければいけません。
また、リサイクルのための費用も支払う必要があります。

  • リサイクル料
  • 運搬料

ただし、処分する方法はいくつかあり、費用も変わります。
では、エアコンの処分方法について見ていきましょう。

エアコンの処分方法

エアコン取り外し
エアコンの処分方法の代表的な例をご紹介します。

  • 自治体に引き取ってもらう
  • 家電量販店に引き取ってもらう

それぞれの特徴を確認しておきましょう。

自治体の指定引取所で引き取ってもらう

エアコン処分を自治体に依頼することができます。自治体によって手続きの方法が少し違いますので、必ず確認しておきましょう。

この場合、さらに2つの方法に分かれます。

自治体に収集してもらう

  1. エアコンの収集を依頼するために連絡する
  2. 郵便局で家電リサイクル券を購入する
  3. 収集日に指定された場所まで運ぶ

収集してもらう場合は、リサイクル料+運搬料がかかります。

自分で指定引取場所に運ぶ

この場合は、運搬料はかかりません。郵便局で家電リサイクル券を購入したら、自分で指定引取場所まで運びましょう。

ワッジュ
持ち込む前に、期日や時間も確認しておくと良いでしょう。

どちらの場合も、エアコンは自分で取り外す必要がありますので、専門業者に依頼しましょう。

家電量販店に引取を依頼する

家電量販店に引取を依頼する場合は、2つのパターンが考えられます。

  • エアコンを買い替える
  • エアコンの処分のみ依頼する

それぞれ簡単に解説していきます。

エアコンを買い替える

この場合は、新しいエアコンを購入した店舗で対応してもらえます。

  • 古いエアコンの取り外し
  • 新しいエアコンの設置
  • 古いエアコンの回収+運搬

もちろん、これらの費用は負担する必要がありますが、全てまかせられるので簡単です。

ワッジュ
費用の詳細は、エアコンを購入する時に確認しておきましょう。

エアコンの引取のエアコンの引取の

この場合は、エアコンを購入した店舗に引取を依頼しましょう。そのため、連絡して詳細を確認します。

  • リサイクル料
  • 運搬料
  • エアコンの取り外し費用

など、処分するための費用を負担する必要があります。
もし、何らかの理由で依頼できない場合は、自治体で処分してもらいましょう。

エアコンを処分する時の参考にしてください。

エアコンの故障を防ぐ掃除方法はこちらで紹介しています!

シェアしてね!
もくじ
閉じる